そもそも、社内報とは?

  

社内報については、いろいろな捉え方がある。

・「社内報は経営の戦略的ツール」

・「社内報はタテ・ヨコ・ナナメのコミュニケーションツール」

・「社内報は会社の中枢神経」

 

そもそも、社内報とは?

 

社内報とはどのようなものなのか、社内報とはどうあるべきなのか?

どうすると、社内報の効果を高めることができるのか?

いくつか、考えるポイントがある。

まずは、社内報をどこまで遡って考えていくか。

つまり、社内報より次元をあげて考えていくということ。

 

次に、社内報だけではなく、トータルで考えること。

次元をあげることにも繋がるが、

社内コミュニケーションの全てのツール、メディアの中での位置づけ、役割を考えていくこと。

トータルの中での、社内報の優位性。

逆に、社内報の限界も把握することがポイントである。

 

そして、最後に「働く人」という視点。

人の積み上げが組織となり、その集合体が企業となる。

最少単位である「人」。

その「人」をどのように捉えるか、これが最も大切なポイントである。

 

社内報ありきで考えるのではなく、

上記に挙げたような視点から、社内報を考え始めていくことが大切である。

以降、さまざまな視点から社内報を考えていくこととする。