ブラブラ社員のすすめ

  

古い、とても古い話ですが、1996年5月11日の毎日新聞「TOKYOヌーボー」に「ブラブラ社員」が次のように紹介されました。

 

 

 男性は、ある大手自動車メーカー社員の手塚利男さん(43)。名刺の肩書は、「人事部人事グループ課長」だが、社内では「ブラブラ社員」と呼ばれる。なーんだ、窓際族か、と思ってはいけない。社員が抱える問題を解決したり、部門間のパイプ役になって優れたアイデアなどを掘り起こすのが役割。社内を歩き回り、話をするのが本業なのだ。

赤字経営を立て直すため、同社が2年前から始めた改革の一貫で生まれた。上から与えられる仕事は一切ない。工場や役員室にも自由に出入りし、幹部と直接話し合う。これまでに、各部門の社員が本音をぶつけ合う異職種交流会などを設けた。

 

<中略>

 

ピラミッド形の縦割り組織の大会社ほど自由な風潮はなくなる。作れば売れるバブルの時代ならそれでもよかったが、「これからは、上下や部門間の垣根を取り壊し、社員のアイデアを活かす組織でなくては」と経営コンサルタントの柴田昌治さん。組織を変える存在として「ブラブラ社員」は生まれた。

健全な企業なら必要ないはずのブラブラ社員――。組織肥大化という大企業ゆえの宿命がもたらした申し子なのかもしれない。

 

 

毎日新聞で紹介された「ブラブラ社員」は大企業病化した組織に風穴をあけることを狙いにして生まれたブラブラ社員ですが、今、組織の大きさに関係なく大企業病化しています。互いにカベをつくり、社員が萎縮しているような雰囲気の職場で自由な風潮を失っている職場が多くなっているようです。

 

自然界から学ぶこと

 

自然界では草花の間をミツバチや蝶などの昆虫や鳥たちが飛び交い受粉(送粉)が行われます。そういう行動をする昆虫や鳥を送粉者と言うそうです。その送粉者によって花々に受粉されやがて実がなります。ミツバチや蝶などの昆虫や鳥たちがたくさん飛び交っている場所は自然が元気で、実もたくさんなるだろうと想像できます。

互いにカベをつくり、社員が萎縮しているような雰囲気の職場で自由な風潮を失っているような職場にも、社員が生の情報や知恵を花粉として送粉者となり、活発に動き回って受粉され、やがて課題解決という実がたくさんなるような行動が必要です。

 

 

1日30分、ブラブラ社員になってみる

 

「ブラブラ社員」を専任化するには会社の了承が必要です。しかし、特に任命されなくても、自主的に「1日30分、ブラブラする」ことならできる人も多いのではないでしょうか?特にマネジメントクラスの方。例えば、会議で他部署に行った時、会議が終わったら直ぐに自分の部署に戻るのではなく、行った先の部署の方に「最近はA製品の売れ行きはどう?」とか「あなたの部署で改善して効果を上げていると聞いているけどどんなことをやっているの?」「先日、外部の交流会に参加した時にS社の営業の人からこんな話を聞いたよ」と、30分でも良いからブラブラしながら情報交換する。

こんな忙しい時に、用事が済んだら早く自分の職場に戻って仕事をしなければと考える人が多いと思いますが、特にマネジメントクラスの場合は、情報交換・情報収集は欠かせないと思います。