当たり前に潜む、驚きと感動

  

とある専門家の事務所に訪問

そこには、その専門家が書き溜めた

膨大なコンテンツが無造作に放置されていた

 

「先生、これは人事担当が見たら喜ぶものばっかりですね!」

と感嘆の声をあげたら<

「そうかい? そんなものかな?」

と、驚く気配もない

 

専門家には当たり前すぎて

それらが有用なコンテンツとは考えられない

 

往々にして、これは企業内でもある話である

優秀といわれる営業マンに取材してみたが、

本人の口からは、特段目新しい話はでてこない

本人には当たり前すぎて、取材して掲載される価値を認めない

 

しかし、新人営業マンにとってみれば、

垂涎ものの営業テクニックであることがほとんどだ

 

とかく、取材する場合は、取材される側が本人のフィルターで取捨選択してしまうことが多い

そうしないように、行っている事実を省略せずにたんたんと話てもらい、

かつ、その場に、今回の企画のターゲットとする社員を同席すると

どれが有用なコンテンツか、その反応をみながらピックアップできる

 

よんでためになる社内報を目指すのであれば、

読者ターゲットに成り代わり、話を引き出すか、

その読者そのものにインタビューさせてしまうのが効果的である

 

誰に読ませたいか

その者は何を知りたいか

しっかりと把握すべきである