社内報がなぜ読まれないのか

  

社内報をいかに読んでもらうようにするか

日々格闘していることと思う

 

まずは手に取ってもらう

そして、ぱらぱらと目を通す

興味があるところを読んでみる

 

会社の経費をかけて、担当者の時間も使い作成されているのにもかかわらず

先のような状態になってもらえれば万々歳

 

一方、社員が自らの業務を効率的に処理するのに必要な情報は

自ら必死になって収集しようとする

むもし、その情報が社内報に掲載されていれば

きっとすみからすみまで読まれるものとなるはず

 

だとすれば、仮説でしかないが、

社員が業務を効率的に処理できる手助けとなる情報とはなにか

社員が楽しく仕事を遂行できる手助けとなる情報とはなにか

社員が仕事上で一段成長できる手助けとなる情報とはなにか

 

そのような情報が満載の社内報であれば、読まれるのではないだろうか

 

だとすれば、またまた仮説でしかないが、

働く上で必要な情報とはなにか

そこから社内報に掲載するコンテンツを考えていってもいいのではないか

 

読まれる社内報を考えているうちに、ふと感じたところである