読者目線で内製化

  

先日、ある企業に訪問

最近社内報を創刊して、現在三号目を制作中

 

責任者の方に、社内報の制作スタンスをお聞きした

とにかく、読者を大切にしている

迷ったら、読者の視点に立ち判断している

原稿は書いてもらえのではなく、取材しに行く

 

一号目を発行後、編集部で反省会

どうも読みにくい・・・

そこで、各人で読みやすいと思われる雑誌を持ち寄り、すぐにリニュアル

二号目は格段に読みやすくなっていた

 

多くの社内報を見てきたが、

デザインまでも内製して、ここまでの出来栄えは初めて

驚くことにPPTで作成

イラストレーターをマスターしたら、

外注したのと同様の出来栄えになること請け合い

 

読者である社員の現場に足を運び

常に読者目線での編集、そして改良

そのスタンスさえ堅持できていれば、

アウトソーサーがつかなくても、全く問題ないと感じた、企業訪問であった