伝える技術を考える

  

「漫画って、伝わりますよね」

先日、ある代理店さんとお話しているとき、その方がお話になった

実際に、若手の漫画家を組織して、

伝えたい内容についての、コンセプト作り、ストーリー作り、

そして、実際に漫画を書くところまでのサービスをしているとか

 

確かに、あることを伝えるには、下記のような条件が揃うと伝わりやすい

① ストーリー性がある ・・・ 記憶に残る

② 具体的にイメージできる ・・・ 具体的に行動できる

③ 身近である ・・・ 当事者意識を持ちやすい

 

身近な社員を、漫画で、思いから具体的な行動までを取上げてみたら・・・

読まれるし、すんなりと記憶に残りそうである

これから企業を担っていく30代、40代社員は、

どこかで、必ず漫画の御世話になっているだろうし・・・

 

「でも、いくらかかるのだろう?」

そのようなコスト的な課題はあることは事実である

 

でも、漫画でのコミュニケーション

その効果は高そうである