カベ

  

組織風土の問題を別の表現をするとき、私たちが何か行動しようとするとぶつかる「カベ」で表現するとわかりやすい。

古い情報ですが、国会原発事故調の最終報告書の抜粋版が7月6日の各紙に掲載されました。

報告書では、事故は地震・津波の自然災害ではなく人災と断定しました。

詳細版はインターネットからダウンロードできるようです。

抜粋版で紹介された内容を見ると、政府と東京電力本社、福島第1原子力発電所、関係省庁を1つの組織でみると、それぞれの間に適切な行動を阻害する「カベ」が見えてきます。

政府と東京電力との「カベ」

管元首相と海江田元経済産業相との「カベ」

政府と原子力安全・保安院など関係府省との「カベ」

東電本店と福島第1原子力発電所との「カベ」

それらの「カベ」が適切な行動の妨げとなったと見ると組織の問題構図が見えてきます。

国会原発事故調の最終報告書で事業者に対しては、以下の報告があります。

 

<引用:日経新聞・2012年7月6日>

規制された以上の安全対策を行われず、常により高い安全を目指す姿勢に欠け、緊急時に発電所の事故対応の支援ができない現場軽視の東電経営陣の姿勢は、原子力を扱う事業者としての資格はあるのか。

 

この報告にある“現場軽視”が東電本店と発電所現場との適切なやり取りを阻害する「カベ」となりました。

先の、各組織間に立ちはだかるカベがもっと低ければ、そのカベを乗り越える人達がいれば、事故の拡大を防げたかもしれないと思うと残念です。